大腸がん

大腸がん

大腸がんは早期発見では治る確率がほぼ100%です。なんといっても早期発見がカギ。正しい知識を得て自らの命を守りましょう!


「がん」は早期発見で大半が治る時代です!
今話題のPET/CT検査で早期発見を
素敵ネット通販 > 大腸がん

大腸がん 症状

大腸がんは年間4万人が亡くなる病気です。がんの部位別死因では男性は3位、女性は1位と死亡率が高いがんです。しかし、大腸がんの進行は遅く早期発見で治る確率、生存率が飛躍的に高くなります。

症状は、初期の段階では表れにくいのが特徴です。血便、下血、便秘と下痢を繰り返す、お腹の痛み、残便感、便が小さい・細い、お腹が張る、体重減少などの自覚症状があったら注意が必要です。これらの症状が現れた時には、病気はやや進行している可能性が高いです。血便が一番分かりやすい症状ですが、良性の痔と間違えることもありますので、便の状態やお腹に変化や違和感を感じたら早めに医療機関で検査を受けることをおすすめします。

 

大腸がん検査

大腸がんは検査によってもその初期状態では見つけにくいと言われてきました。そして主な検査が内視鏡によるものなので、多くの人が受けたがらないということで、発見が遅れる傾向にあります。タイトルでおお伝えしているように、大腸がんは早期発見すれば治る確率はほぼ100%と言われる病気ですので残念なことですね。

最近は内視鏡による検査で色素をかけることでリスクのある細胞を見つけることが出来ます。見つけやすくなったのです。40才を超えた人の半分は大腸にポリープが発見されるそうです。このポリープは1割ががん化します。内視鏡の検査で発見されれば小さいものはその場で切除することが出来ます。入院なども必要なくあっという間に終わります。まさに検査+治療で一石二鳥です。40歳を超えたら、一度内視鏡検査を受けることおすすめします。

しかし、大腸に内視鏡入れるのはをはちょっと・・・という人には飲む内視鏡カプセルというものがあります。このカプセルには複数のカメラが内臓されていて、リアルタイムで大腸のヒダの裏まで細かく検査することができます。ポリープなどが見つかっても切除することはできませんが、飲むだけなので気軽に受けることができます。

あと一つ、軽視してはならないのが検便です。1度の検便で大腸がんを発見できる確率は50%弱ですが、3回受けるとなんと97%発見できると言います。何度も繰り返すことで理論上ほぼ100%大腸がんを発見できるということになります。人間ドッグでの検便があった場合は必ず行い、早期発見に努めましょう。もしそこで何らかの異常(陽性反応)が出たら、内視鏡などでさらに詳しい検査を受ければいいのです。

今話題のPET/CT検査で早期発見を

大腸がん トップへ戻る

Copyright 2014 © 素敵ネット通販 All Rights Reserved.

  • SEO
  • loading
  • 素敵ネット通販
  • SEOブログパーツ
seo great banner track feed 大腸がん