熱中症

熱中症

熱中症の症状や処置方法、対策について。暑い夏を元気に乗り切ろう!

素敵ネット通販 > 熱中症

熱中症 症状

暑くなると増えてくるのが熱中症のニュースです。近年は温暖化や都市化の影響で夏が暑く長くなっています。体の弱いお年寄りや子どもがやられるケースが多いです。日本は未曽有の高齢化社会を迎えます。必要な知識を得て対策しましょう!一度知れば一生ものです。病気や体調悪化にはまず初期の段階で気づくか気づかないかで大きな違いとなります。熱中症にはどのような症状があるか知っておくことで、早期に気づきやすくなります。

主な症状は以下の通りです。

★めまい たちくらみ 足がつる(こむら返り) 大量の汗 気分が悪い

★頭痛 吐き気 嘔吐 腹痛

★筋肉の痙攣 失神 高い体温

下に行くほど重い症状になります。もし何らかの異常を感じたら早めに対処しましょう。

熱中症 処置

もし熱中症になってしまったら、適切な処置をしましょう。

症状が軽い場合は、涼しい所で休み、十分な水分と塩分を補給すれば回復します。しかし意識を失って自力で水が飲めないなど重篤な場合はすぐに救急車119番を呼び、応急処置をしましょう。

患者を日影など出来るだけ風通しの良い涼しい場所に移動させます。衣服を脱がせ出来るだけ肌を露出させ体温(熱)を逃がします。首の後ろや脇の下、股下(足のつけ根)など大きな血管が通っている場所を濡れたタオルなどを当てて冷やします。いきなり冷たい水をかけるなどはNGです。塩分の入った飲み物を与えます。経口補水液はこういった処置時にベストな飲み物です。塩分不足が症状の悪化を招くことも多いので塩分の入った電解質の水分を与えます。重症の場合は、水分も受け付けない場合も多いので、そういった場合は応急処置をしながら救急車の到着を待ちましょう。

熱中症対策

熱中症にならない為に、普段から予防を心がけ対策をしましょう。

効果的な対策方法は以下です。

★こまめに水分を取る(喉が渇く前に水分補給する) お年寄りは喉の渇きを感じにくくなっているので注意!タイマーなどすると便利。

★汗によって塩分も失われるのできちんと塩分も補給する。塩飴など有効

★暑い時間や直射日光の下では運動しない、活動を控える 直射日光にあたる場合は帽子を被る

★冷房をかけるなど適切な室温を保つ(節電よりも命が大事) お年寄りは暑さを感じにくくなっているので注意!

★首の後ろを冷やすタオルなどの熱中症対策グッズを活用する。

何よりも予防が一番大切です。適切な対策をして予防しましょう!

水に濡らして、絞って、パッと開くだけ

簡単、ひんやり、CCT冷感タオル

熱中症 トップへ戻る

Copyright 2014 © 素敵ネット通販 All Rights Reserved.

  • SEO
  • loading
  • 素敵ネット通販
  • SEOブログパーツ
seo great banner track feed 処置 対策